FX業者口コミ・評判どうよ
FX初心者の疑問・不安を解決!FX業者の評判を200ブログからリサーチ!

FX業者口コミ・評判どうよFX業界の諸問題>スリッページとは?なぜ起こる?

スリッページとは?なぜ起こる?

 スリッページとは、注文を出した時のレートと、約定レートの「ずれ」のことです。
 たとえば、100.12で注文をだした時、約定したレートが100.15になる、という具合です。3pipsの「ずれ」がありますね。これがスリッページです。


サイトマップ
口コミ評判信憑性は?
低スプレッドのリスク
FXってどうよ
FX業界の諸問題
FX業者口コミ評判
外ジャパ 口コミ・評判
FXブロネ 口コミ評判
マネパ 口コミ評判
FXプライム 口コミ評判
FXCMプレミ 口コミ評判
トレード別FX業者Navi
スキャル派のFX業者
デイトレ派のFX業者
スイング派のFX業者
スワップ派のFX業者
初心者のFX業者
自動売買のFX業者
集中レポート特別編
FX業者口座評価一覧
現金キャンペーン一覧

スリッページはなぜ起こる?

 FX業者は、顧客にレートを提示していますが、絶えず変動しています。
 スリッページがおこるのは
 顧客がだした注文がFX業者に届くまでに時間差(タイムラグ)があり、その間に業者が提示しているレートが変わるからです。

 で、これをFX業者から見ると…
 業者は、インターバンク市場から、レートを提示されます。
 このレートも絶えず変動しています。
 その提示されているレートの中で、顧客からきた注文に近いレートで約定しているわけです。

 スリッページは、顧客に不利な方にすべることもあれば、有利な方にすべることもあります。

 顧客
  ↓
  ↓ 注文が届くまでタイムラグがある
  ↓
 業者
  ↑
  ↑ 提示レートは絶えず変動
  ↑
 インターバンク市場

 そんなわけで、多少のスリッページが起こることは、ことさら特別なことではありません。

ストップ(逆指値)では、顧客不利なスリッページになる

 ストップ(逆指値)注文とは、投資家にって損する方向へ相場が動き始めた時に作動します。

 よって、インターバンク市場レートも、投資家不利のレートを次々と提示していくことになります。
 そのため、FX業者が、顧客の注文を約定する時には、不利な方へレートが「ずれ」てしまいます。

 ストップ注文では、顧客不利なスリッページになりやすいといえます。

 反対に、指値注文では、顧客有利なスリッページになりやすいといえます。

FX業者も苦しいスリッページ

 インターバンク市場のレートが消えることがあります。
 2008年後半のような相場が激変している場合などです。

 そんな時、顧客から注文がくるとどうなるでしょう。

 レートがないので、約定することができません。

 FX業者の対応としては
  (1)レートが出てくるまで待つ → スリッページ大&約定遅延
  (2)約定拒否
  (3)ディーラー判断で約定する → スリッページ大&業者のリスク大

 インターバンク市場からレートが消えると、どうころんでもFX業者に得はありません。
 (1)(2)で対応すれば、顧客からクレーム、2チャンネル等での酷評。
 (3)で対応すれば、業者の経営を圧迫。

 そのため、相場の激変時のリスク管理体制がキチンと制度化してあるかが重要です。

 顧客からの注文をストップすることも、リスク管理の一つ。そのため顧客からすれば約定拒否と思われることも、リスク管理ルールの下行われている可能性もあります。
 この辺のことは、次のページにて。(→約定拒否の原因の一つとは



次⇒ 約定拒否の原因の一つとは 関連:滑る(スリッページ)とは

Copyright (C) 2010 FX為替取引ってどうよ, All rights reserved.